ハーフリンガル20代男性F様矯正日記⑤

20代男性F様「受け口を治したい方」のハーフリンガル矯正日記⑤

 

個々の歯の詳細な排列を行う「ディテーリングステージ」を経て

動的(歯を動かす治療)治療を終了し、ついにブラケットを口腔内より撤去しました😆✨

前歯に隙間がありますが、F様の上の左右側切歯(真ん中から2番目の歯)は矮小歯(わいしょうし)と言う形態で歯のサイズが小さかったため、修復用レジンを使用し歯の形態を修正を行いました🙂

将来的には移動させた歯の状態が落ち着いてから最終的な補綴処置を行う計画です。

歯並びで口元の印象がずいぶんと変わりましたね!

動的治療期間は約2年0か月でした。

現在、自分で取り外しが出来るマウスピース型の保定装置を使用して頂いております。

ブラケットを外した直後が後戻りといい元の位置に歯が戻りやすい状態ですので、頑張って保定装置を使用して下さいね!!

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら