小児矯正女性I様の矯正日記

小児矯正女性I様の矯正日記①

 

I様が“上の前歯と下の前歯が咬みあってない”事を主訴に当クリニックを受診されました。

 

スライド1

 

お口の中を拝見させて頂いた所、症状としては“開咬”で原因としては舌突出癖といい、舌を前に出す癖が確認されました。

 

当クリニックを受診する前には“言葉の教室”に通い、話し方や舌の使い方を修正するトレーニングをされていたとの事ですが、なかなか治らなかったとの事です。

 

いよいよ矯正治療開始です。

 

使用する装置はハビットブレーカーと言う装置で今回は取り外しが出来る装置を製作しました。

 

スライド2

 

この装置はワイヤーで製作した“柵”があるために舌を出して歯を前に押しだすことが出来なくなります。

 

スライド3

 

約3か月でかなりの成果が出てきましたね!!

 

初診時と装置使用3か月までの比較写真を添付いたします。

スライド4

開咬という前歯のかみ合わせが開いた症状は改善されましたが、I様は上顎前突いわゆる”出っ歯”の症状もありますので、引き続き上顎前突の治療を開始いたします。

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら