小児矯正女性R様矯正日記④

女性R様「デコボコを治したい方」の小児矯正日記④

矯正1年目検査のため来院された際の口腔内写真です。上顎左右側切歯共に良好な位置に萌出完了しております。

小児矯正R様矯正日記4.001

初診時と1年検査時のパノラマレントゲンと口腔内正面の比較写真を添付します。

小児矯正R様矯正日記4.002

上顎左右側切歯「永久歯」の歯冠幅径(大きさ)は上顎左右乳側切歯「乳歯」に比べ大きいのですが、デコボコも改善され良好な位置に歯が萌出しましたね。

初診時と1年検査時の上下顎歯列の口腔内写真を添付します。

小児矯正R様矯正日記4.003

上顎が拡がる事により下顎の前歯の叢生「デコボコ」も改善されてきていますね。

「予防矯正治療」という正式名称はありませんが、あらかじめ叢生(デコボコ)が予想された場合は永久歯萌出開始前に歯列や顎の拡大を行い、良い位置に永久歯を誘導する事も重要です。

小児期(子供の頃)からしっかりと顎の位置関係や歯の生え変わりを経過観察し、必要に応じた矯正治療を行うことで、最終的に装着するマルチブラケット装置の装着期間を短くする事が可能になります。当クリニックでは予防治療も積極的に行っておりますので、虫歯や歯肉炎フリーを目指し、より良い口腔内環境を育成する環境も整っております。お気軽に「矯正治療相談」へいらして下さい!!

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら