JUN’S NEWS VOL.35 テーマ「マルチブラケットシステム」

JUN’S NEWSVOL.35を作成しました。理想的な歯並びにするために歯に〝ブラケット〟という矯正装置を最終的に装着し矯正治療を行います。その装置にも表側や裏側、色々と種類がありますので等クリニックで用いている矯正装置についてご紹介させて頂きます。VOL.35は「マルチブラケットシステム」についてご紹介致します!

jun2017.6

【1】通常ラビアル(上下:表側)

上下顎共に歯の表側にブラケット(スピリットMB:下写真)を装着し、

KEY.001

ブラケットに固定する為にモジュール(ゴム)や結紮線を用いて歯並びの改善をはかる治療方法です。モジュールはクリアのものからカラーまで多数揃えております。

 

 

【2】セルフライゲーションラビアル(上下:表側)

上下顎共に歯の表側にブラケット(クリッピーC:下写真)を装着し

KEY.002

歯並びを改善する治療方法です。こちらで使用するクリッピーCとはブラケット自体にワイヤーをとめるクリップが備え付けてある為、【1】と比べワイヤーに強く固定されていないのでワイヤーとの摩擦の軽減によりワイヤーの弱い張力での治療が可能で矯正治療中の痛みの軽減や治療期間の短縮となります。

 

 

【3】ハーフリンガル(上:裏側 下:表側)

ハーフリンガル矯正とは上顎が裏側(クリッピーL:下写真)、

KEY.003

下顎が表側(クリッピーC)にブラケットを装着し歯並びを整える治療方法です。笑った時に下の歯は下唇に大半覆われますので、こちらの装置は人目につきにくく、目立ちにくいものです。上顎で使用するクリッピーLは【2】同様、ブラケット自体にワイヤーをとめるクリップが備えられていますので矯正治療中の痛みの軽減や治療期間の短縮となります。

 

 

【4】リンガル(上下:裏側)

上下共に歯の裏側にブラケット(クリッピーL)を装着し、

KEY.004

歯並びを整える治療方法です。矯正装置の見た目や人目が気になって治療に踏み切れない方や他人に気付かれずに歯並びを綺麗にしたい方がこの〝リンガル〟を選択されます。上の写真は矯正治療中であり上下共にブラケットを装着している状態での正面写真ですが、本当に目立ちませんね!むしろ装置を装着しているか疑問になる程ですよね(笑)また、【1】〜【4】の装置を歯に装着せずに矯正治療ができる〝インビザライン〟という取り外し可能なマウスピースの矯正装置もございます。金額や支払い方法の詳細は矯正カウンセリングの際、お話をさせて頂いておりますので興味がある方は是非ご連絡下さいね!

 

純 矯正・歯科クリニック