セルフライゲーションラビアル20代男性K様矯正日記

20代男性K様「歯と歯の間の隙間を閉じたい方」のセルフライゲーションラビアル矯正日記①

 

K様が“前歯の隙間が気になる”という事を主訴に当クリニックを受診されました。

初診時の口腔内写真です。

セルフライゲーションラビアル20代男性K様矯正日記①.001 セルフライゲーションラビアル20代男性K様矯正日記①.002

 

下顎左右中切歯(下の真ん中の歯2本)に先天欠如(生まれつき大人の歯の本数が足りない)が認められました。

矯正精密検査の結果、TPAによる上顎第一大臼歯の加強固定、MBSを行い、下顎左右側切歯を中切歯部に移動し、将来的な補綴治療を優位にする事を目標とし矯正治療を行うという診断となりました。

K様はセルフライゲーションラビアル(上下共に表側)で矯正治療を行う事を選択されましたので、TPAを装着し、上顎からブラケットの装着を行いました。

セルフライゲーションラビアル20代男性K様矯正日記①.003

 

その後下顎に装置の装着を行いました。

セルフライゲーションラビアル20代男性K様矯正日記①.004

 

 

 

 

装置の間に食べ物が挟まりやすく食後が大変です。当クリニックで磨き方の指導、クリーニングもしっかりさせて頂きますのでご安心を!

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら