ハーフリンガル20代女性C様矯正日記

20代女性「口元を引っ込めたい方」のハーフリンガル矯正日記①

 

C様は“上顎の前歯が出ている事と下の左右犬歯が“八重歯”である事”を主訴に当クリニックを受診されました。

初診時の口腔内写真です。

ハーフリンガル20代女性C様.001

矯正精密検査の結果、“叢生を伴う上顎前突”と診断し他にも前歯の噛み合わせが開いている(開咬)症状も認められ、上下左右第一小臼歯の計4本を抜歯して歯並びを整える方針となりました。

C様はハーフリンガルという上の歯は“裏側”、下の歯は“表側”に装置をつけ、矯正治療を行う方法を選択され、上下左右第一小臼歯を抜歯し、動的治療を開始致しました。

下顎に装置を装着し、

 

ハーフリンガル20代女性C様.002

その後上顎に装置の装着を行いました。

ハーフリンガル20代女性C様.003

 

 

 

 

装置装着後は慣れるまで大変です😖痛かったり、ブラッシングも大変で時間がかかったりと、、これから、歯並びが段々変化していきますから楽しみにしていて下さいね!!

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

ハーフリンガルトータルフィー 900,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら