ハーフリンガル20代女性S様矯正日記

20代女性S様「前歯が出ている事とデコボコを治したい方」のハーフリンガル矯正日記①

 

S様は“前歯が出ていることと歯がデコボコしている事”を主訴に当クリニックを受診されました。

 

初診時の口腔内写真です。

S様は下顎右側側切歯と犬歯の癒合歯があり、“癒合歯”とは本来1本ずつ個々にはえている歯が隣り合う歯とくっついている歯のことです。

 

矯正精密検査の結果、“下顎右側第二小臼歯埋伏と下顎右側側切歯と犬歯の癒合歯を伴う上顎前突”と診断し、上顎右側第一小臼歯と上顎左側第二小臼歯および下顎右側側切歯と犬歯癒合歯の計4本抜歯の“抜歯矯正治療”を行う治療計画の元、歯並びを整える方針となりました。

 

S様はハーフリンガルという上顎が“裏側”、下顎が“表側”に装置をつけ矯正治療を行う方法を選択され、矯正動的治療を開始致しました。

 

下顎の歯にマルチブラケット装置を装着し

 

上顎にクワッドヘリックスいう装置と上顎犬歯にボタンの装着を行い、上顎の歯列の側方拡大と共に上顎犬歯の遠心(後方)移動を開始しました。

 

上顎の歯列が十分に拡大された為、上顎の歯の裏側にマルチブラケット装置を装着し全顎的な矯正治療を開始しました。

装置装着後は慣れるまで大変ですがブラッシングも含め頑張りましょう!!

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

ハーフリンガルトータルフィー 900,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら