ハーフリンガル20代男性I様の矯正日記

20代男性I様「前歯の深い咬みあわせを治したい方」のハーフリンガル矯正日記①

 

I様は上の前歯の隙間が気になる事を主訴に当クリニックを受診されました。



 

上顎の小臼歯が“先天性欠如”といい生まれつき歯の本数が2本足りなかったので、結果として上の歯と歯の間に隙間がある状態でした。

 

I様の場合は空隙歯列(歯と歯の間に隙間)以外にも“過蓋咬合”と言い、咬み合わせが深く下の歯の前歯が見えない症状がありました。

 

そして、いよいよ矯正治療開始です。



 

上下顎の歯の裏側にマルチブラケットが装着されました。下の奥歯に付いている“ブルー”の物はレジンアップと言い、咬みあわせを一時的に上げる為、直接歯に接着されております。

 

そして上下にマルチブラケット装置が装着されてから約4カ月で特に下の歯のデコボコは綺麗に改善されておりますね。



ここからは深い咬みあわせを改善する処置に移行します。

 

 

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら