フルリンガル10代女性Y様矯正日記

10代女性Y様「デコボコを治したい方」のフルリンガル矯正日記①

 

Y様は“上の前歯が出ている事”を主訴に当クリニックを受診されました。

初診時の口腔内写真です。

フルリンガル10代女性Y様.001

 

 

Y様は上下顎前突を伴う叢生(デコボコ)であり、上下顎左右第一小臼歯の計4本抜歯を行い、MBS(マルチブラケットシステム)による歯列の排列を行う方針となりました。抜歯後の空隙(スペース)の閉鎖はTAD(矯正用インプラントアンカー)の使用も検討します。

Y様はフルリンガル(上下共に裏側)のブラケット装置を選択され、抜歯後ブラケット装置を装着します。

まず、上顎から装置を装着しました。上顎は抜歯した隙間が目立たないようにダミーTEC(仮歯)を装着させて頂きました。

フルリンガル10代女性Y様.002

 

次に下顎に装置を装着しました。

 

フルリンガル10代女性Y様.003

 

下顎に装置を装着した時点で上顎のデコボコはなくなりキレイに並んでいます。上下共に矯正装置が装着されていますが、フルリンガルという上下共に裏側の装置ですので、正面から見ても全くわかりませんね!

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら