フルリンガル20代女性M様矯正日記

20代女性M様「デコボコを治したい方」のフルリンガル矯正日記①

 

M様は“八重歯と下の歯並びがデコボコしている事”を主訴に当クリニックを受診されました。

 

初診時の口腔内写真です。

矯正精密検査の結果より、上下共に軽度の叢生(デコボコ)が認められ、“上顎前突を伴う過蓋咬合”との診断となり、上顎左右第一小臼歯の計2本を抜歯して歯並びを整える方針となりました。“過蓋咬合”とは、咬み合わせが深く下の歯の前歯が見えない噛み合わせの事です。

 

M様はフルリンガルという上下顎共に“裏側”に装置をつけ、矯正治療を行う方法を選択され、上顎左右第一小臼歯を抜歯し、動的治療を開始致しました。

 

上顎にLA(リンガルアーチ)を装着し、犬歯の遠心(後方)移動を開始し、

下顎にブラケット装置の装着を行いました。            

その後LA除去を行い、上顎にブラケット装置の装着を行いました。

矯正動的治療開始から約2ヶ月ですが、この時点で主訴でだった上顎犬歯と下顎のデコボコが大分改善されている事がわかりますねぇ🌟

装置装着後は慣れるまで大変です😔お食事やブラッシングに時間がかかったりと、、これから、歯並びがどんどん変化していきますから一緒に頑張っていきましょう😆✨

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

フルリンガルトータルフィー 1,000,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら