フルリンガル20代男性K様矯正日記

20代男性K様「前歯が出ている事とデコボコを治したい方」のフルリンガル矯正日記①

 

K様は“前歯が出ていることと歯がデコボコしている事”を主訴に当クリニックを受診されました。

 

初診時の口腔内写真です。

矯正精密検査の結果、“上顎左右乳犬歯の晩期残存を伴う上顎前突”と診断し、永久歯の抜歯をしない“非抜歯矯正治療”を行う治療計画の元、歯並びを整える方針となりました。

 

K様はフルリンガルという上下顎ともに“裏側”に装置をつけ矯正治療を行う方法を選択されました。

 

上顎左右乳犬歯(子供の歯)が残っておりましたので乳犬歯2本抜歯後、上顎にリンガルアーチという装置を装着し上顎左右犬歯の遠心(後方)移動を開始します。

 

下の歯にマルチブラケット装置を装着し、

 

上顎左右犬歯の遠心移動完了後、上の歯にマルチブラケット装置を装着し全顎的な矯正治療を開始しました。

装置装着後は慣れるまで大変ですがブラッシングも含め頑張りましょう!!

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円

フルリンガルトータルフィー 1,000,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら