フルリンガル20代男性N様矯正日記

20代男性N様「デコボコを治したい方」のフルリンガル矯正日記①

 

N様は「歯並びがデコボコしている事が気になる」を主訴に当クリニックを受診されました。

初診時の口腔内写真です。

 

フルリンガル20代男性N様.001

N様は矯正精密検査より叢生との診断となりました。

叢生(デコボコ)の度合いが強いので上顎は左右第一小臼歯、下顎は左右第二小臼歯を抜歯し、MBS(マルチブラケットシステム)による歯列の排列を行う方針となりました。抜歯後の空隙(スペース)の閉鎖はTAD(矯正用インプラントアンカー)の使用も検討します。

N様はフルリンガル(上下共に裏側)のブラケット装置を選択されましたので「クリッピーL」というブラケットを使用し矯正治療を行います。

上顎はMBSの前に左上の犬歯(糸切り歯)の位置が重なっており、リンガルブラケットが装着しづらいので、上顎左右第一小臼歯後にLA(リンガルアーチ)を装着しLAに補助弾線をろう着した装置で犬歯を良い位置に誘導してから上顎はブラケットをボンディングする計画を立てました。

上顎左右第一小臼歯抜歯後、上顎にLAを装着し左側犬歯の遠心移動を開始しました。

フルリンガル20代男性N様.002

 

下顎からマルチブラケット装置の装着を行い、

フルリンガル20代男性N様.003

左上犬歯が遠心に誘導できたので、LAを除去後上顎にも装置を装着しました。

 

 

フルリンガル20代男性N様.004

 

 

ブラケットの装置が裏側(舌側)にあるので違和感や話しにくさ、食事がしづらい等あるともいますが、徐々に慣れてきますので一緒に頑張りましょうね♪

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

フルリンガルトータルフィー 1,000,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら