フルリンガル20代男性S様の矯正日記

男性S様「前歯のねじれを治したい方」のフルリンガル矯正日記①

 

20代男性S様が上の前歯のねじれが気になる事を主訴に当クリニックを受診されました。

 

S様の場合上の前歯のねじれもですが、上の前歯が出ている上顎前突(出っ歯)の症状と下の歯に強い叢生(デコボコ)が認められました。

矯正精密検査の結果、“下顎の後方位と叢生を伴う上顎前突”と診断し叢生の症状が強いので上下左右の第一小臼歯、計4本の抜歯をして装置はフルリンガル(上下共に歯の裏側に装置をつける)で行う事になりました。

 

最初に下顎の左右第一小臼歯を抜歯してからリンガルアーチという装置を装着し、デコボコが強い下顎の左右犬歯の後方移動を開始しました。

 

次に上顎の左右第一小臼歯を抜歯して、いよいよ上顎にマルチブラケット装置を装着しました。

 

下顎の犬歯の十分な後方移動を確認後、下顎にもマルチブラケット装置を装着しました。

 

 

上顎にマルチブラケット装置を装着してから約3ヶ月ですが、主訴であった上の前歯のねじれは改善しておりますね!

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

フルリンガル施術料 700,000円 矯正治療処置料 5,000円×来院月数(全て税抜)     

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら