フルリンガル30代女性K様矯正日記

30代女性K様「デコボコを治したい方」のフルリンガル矯正日記①

 

K様は歯並びが“デコボコ”しているのが気になる事を主訴に当クリニックを受診されました。

 

 

お口の中を拝見させて頂いた所、上顎の前歯にメタルボンドクラウンという被せ物が装着されておりました。

 

10代後半の時に“歯並び”が気になり県外の歯医者さんで被せ物の治療を受けたそうです。被せ物治療は一見歯並びが良く見えるのですが、歯並びが改善されている訳ではありませんとご説明させて頂きました。

 

矯正精密検査の結果“開咬傾向を伴う叢生”と診断し、矯正動的治療期間中は被せ物を除去し仮歯に置換、上下顎左右側第一小臼歯抜歯、マルチブラケットシステムによる歯列の排列を行う方針となりました。

K様はフルリンガルという上下ともに「裏側」に装置をつける方法を選択され矯正治療を開始しました。

 

最初に歯を削って被せ物をする前のお写真をお持ち頂いてから

 

メタルボンドクラウンという被せ物を全て外して元々の歯並びを再現する様に“仮歯”で置き換えました。

 

 

 

 

そして、いよいよ矯正治療開始です。

 


 

上下顎の歯の裏側にマルチブラケットが装着されました。

 

歯の裏側に装置が付いているのでブラッシングは大変ですが、人に気づかれずに歯並びを改善する事が出来るのがリンガル矯正治療の最大の魅力ですね♪

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

フルリンガルトータルフィー 1,000,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら