マウスピース(インビザライン)20代男性S様矯正日記②

20代男性S様「デコボコを治したい方」のマウスピース(インビザライン)矯正日記②

 

ステージ3より歯の表面に「アタッチメント」と「クリアリンガルボタン」を装着しております。

20代男性S様のインビザライン矯正日記②.001

アタッチメントとは通常の「詰める虫歯治療」の素材を直接歯の表面に接着させるもので、歯の3次元的移動の補助を行う物です。

クリアリンガルボタンはアタッチメントと同様に歯の表面にボタンを接着させ顎間ゴムを装着するために用いられます。

20代男性S様のインビザライン矯正日記②.002

S様の場合、大臼歯を遠心移動(奥歯を後ろに動かす)させるシステムですので、治療を効率的に行うため顎間ゴムを使用して頂いております。

ステージ8の口腔内写真です。

20代男性S様のインビザライン矯正日記②.003

 

 

ブラケットとワイヤーを使用するMBS矯正治療とは歯の移動メカニクスが異なりますので、大きな変化を気づきにくいと思いますが、上顎左側第二小臼歯と第一大臼歯間には大臼歯の遠心移動による隙間が生じております。

20代男性S様のインビザライン矯正日記②.004

 

 

透明なマウスピースですので、矯正治療をしている事を他人には気づかれないみたいですね!

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

インビザライントータルフィー 900,000円(全て税抜)

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら