ライゲーションラビアル10代女性H様矯正日記

10代女性H様「受け口を治したい方」のライゲーションラビアル矯正日記①

 

H様は“前歯が反対になっている事が気になる”を主訴に当クリニックを受診されました。

 

初診時の口腔内写真です。

通常ラビアル10代女性H様①.001

矯正精密検査の結果、“叢生を伴う骨格性反対咬合”と診断を行い、toothsizeや顎の形態から非抜歯(歯を抜かず)で上顎側方拡大後、MBS(マルチブラケットシステム)にて矯正治療を行う方針となりました。

 

H様はライゲーションラビアル(上下共に表側)の装置を希望され、上顎側方拡大装置(Quadhelix)の装着から矯正治療の開始となりました。

通常ラビアル10代女性H様①.002

下顎にブラケット装置を装着しました。

通常ラビアル10代女性H様①.003

上顎側方拡大が十分に行えたのでQuadhelixの除去を行い、上顎にブラケット装置を装着しました。

通常ラビアル10代女性H様①.004

 

 

 

装置を装着すると違和感や食事がしづらく大変だと思いますが、一緒に頑張りましょうね!

 

 

矯正治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円 

ライゲーションラビアル施術料 400,000円 矯正治療処置料 5,000円×来院月数(全て税抜)     

リスク・副作用:歯肉退縮 歯根吸収 ブラッシング不足によるう蝕

 

 

矯正治療に起こりうるリスクと限界についてはこちら
費用についてはこちら