JUN’S NEWS VOL.26 テーマ「オフィスホワイトニングとホームホワイトニング」

JUN’S NEWS VOL.26を作成しました。その昔、“芸能人は歯が命!!”というキャッチフレーズが流行しましたね。笑った時に見える歯で印象がぐっと変わります。歯が今より白くなったら素敵ですよね。そんな方のために歯を白くする方法があるんです!VOL.26は「オフィスホワイトニングとホームホワイトニング」についてご紹介致します!

jun2016.09

 

 

 

 

 

 

【1】オフィスホワイトニング
高濃度のホワイトニング剤を使用し、クリニックで当日歯を白くする方法です。施術部分の歯面研磨を行い汚れを除去します。

DSC_0215

 

 

 

歯肉にホワイトニング剤が付着するのを防ぐ為に歯肉保護レジンで歯肉を覆います。

DSC_0225

 

 

 

 

ホワイトニング剤を施術部分に塗布し、光照射を行う事で歯を白くします。

DSC_0251

 

 

 

 

ホワイトニング剤塗布→光照射→ホワイトニング剤除去の工程を全部で3度ほど行います。全工程終了後、十分に口をゆすいで洗い流して頂きます。日々少しずつ着色していくので、その後は効果を上げるためにホームホワイトニングを併用する事が一般的です。オフィスホワイトニングは高濃度のホワイトニング剤と光照射を使用し、漂白作用を一気に促進させるため短時間で効果が出るのが特徴ですが、高濃度なホワイトニング剤を使用しますのでしみる可能性も高くなり歯にかかる負担も高まります。オフィスホワイトニング処置前と処置後の比較写真です。

OWba

 

 

 

 

【2】ホームホワイトニング
低濃度のホワイトニング剤を使用し、マウスピースを用いてご自宅で約2週間かけて歯を白くする方法です。まず、カスタムメイドのマウスピースを作製します。

ホームホワイトニング1

 

 

 

 

 

次にマウスピースにホワイトニング剤を規定量注入し、

ホームホワイトニング2

 

 

 

 

口腔内の汚れをしっかりと落とした状態でマウスピースを約2〜3時間装着して頂きます。

ホームホワイトニング3

 

 

 

その後マウスピースを外し、柔らかめの歯ブラシで余分なホワイトニング剤をとり、十分に口をゆすいで洗い流して頂きます。上記工程を約2週間かけて毎日お好きな時間に行って頂きます。ホームホワイトニングはオフィスホワイトニングに比べ時間をかけて歯を白くしていくことになりますが、濃度の低いホワイトニング剤を使用する為、歯にかかる負担が低く色も戻りにくいです。ホームホワイトニング処置前と処置後の比較写真です。

hwba

 

 

 

 

人によってはホワイトニング剤がしみる場合がございます。

 

【3】リンガル矯正治療を行っている患者様は治療途中でもオフィスホワイトニングが可能
通常の表側矯正治療(下写真)を行っている患者様の場合、

ラビアル

 

 

 

歯の表面に装置が装着されているのでホームホワイトニング、オフィスホワイトニング共に行えません。しかし、リンガル矯正治療(下写真)を行っている患者様に限っては

正面

Upper

 

 

 

 

矯正装置が歯の裏側に装着されているのでオフィスホワイトニングが可能です。特にリンガル矯正装置でブライダル矯正治療(結婚式の前に気になる歯並びを改善したい)を行っている方は結婚式の直前に“オフィスホワイトニング”を行い、白く美しい歯で式を迎える事が可能です。

 

 

DSC_0191_2

 

 

 

純 矯正・歯科クリニック