小児矯正(第一期治療)女性K様矯正症例

女性K様「デコボコを治したい方」の小児矯正(第一期治療)矯正症例

 

①主訴:歯並びがデコボコ

②診断名:下顎前突を伴う叢生

③年齢:9歳2ヶ月(矯正精密検査時)

④矯正装置:急速拡大装置、マルチブラケット矯正装置

⑤抜歯部位:非抜歯(第二期開始時抜歯を含めた再診断)

⑥動的治療期間:約8年予定

⑦治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円

ライゲーションラビアルトータルフィー 700,000円(全て税抜)

⑧リスク・副作用

:歯痛 ブラッシング不足によるう蝕 口内炎と潰瘍 歯肉退縮 歯根吸収 後戻り

 

初診時の口腔内写真です。

上顎に急速拡大装置装着時口腔内写真です。

 

上顎前歯6本にブラケット装置装着を行い、前歯のデコボコの改善を図ります。

 

第二大臼歯萌出まで経過観察を行い、成長終了後に抜歯を含めた再診断を行います。

矯正治療に起こりうる一般的なリスクと副作用についてはこちら
費用の一覧についてはこちら