矯正の流れ

  1. 矯正カウンセリング(所要時間約60分)

    歯並びについてのお悩み事やご希望をお伺いします。治療内容と予想される治療期間、治療費のおおよその概算を説明いたします。ただし、この段階ではレントゲン写真を撮っていませんので、あくまでも外見からの判断になります。

  2. 矯正精密検査 2回(所要時間約45分×2)
    • 1回目

      顔貌写真と口腔内写真撮影、レントゲン写真撮影、歯型採りです。写真からお顔の形態と歯並びの調和、レントゲンからは顎の位置関係と歯の傾きなどを詳細に分析いたします。歯型からは一つ一つの歯の詳細な状態を詳しく検査いたします。

    • 2回目

      1回目の検査で採った歯型から完成した模型で咬み合わせを確認(咬合採得)いたします。現状で歯ブラシがどの程度出来ているかをチェックさせて頂き、正しい歯の磨き方の指導とお口の中をしっかりクリーニングをさせて頂きます。

  3. 矯正診断(所要時間約60分)

    矯正精密検査の結果と治療方針、治療費のご説明をいたします。
    治療方針については治療開始から終了までの予測期間をお伝えいたします。未成年者もしくは就職前の学生など保護者の同意が必要な方は、保護者同伴でご来院ください。治療方針をご理解頂き十分に納得された上で治療を開始いたします。

  4. 矯正治療

    治療内容は大きく3つに分かれます

    • (1) 顎の位置関係・大きさの改善(第一期治療)

      成長発育期で顎の位置関係や大きさに問題がある方のみ行います。

    • (2) 歯並びの改善(第二期治療)

      顎の位置関係と大きさに問題がない方や、顎の成長がすでに終了している成人の方はここからの開始となります。

    • (3) 治療後の歯並びの維持(保定治療)

      治療によりせっかく綺麗に整った歯並びも「保定治療」をしっかり行わないと、元の悪い位置に歯が戻る事もあります。この期間に保定装置をしっかりと使い、後戻りをしていないかを定期的にチェックする事がとても重要です。

マウスピース(インビザライン)矯正のステージについて

マウスピース(インビザライン)矯正は、治療開始から終了までを「ステージ」という段階で治療プログラムを組み立てます。通常、このステージが多ければ多いほど治療費も高額になってしまいますが、当院のマウスピース(インビザライン)矯正は、トータルフィー(施術料・処置料・経過観察料・矯正治療オプション含む)を導入しておりますので、金銭面や心理的な負担が軽減されますので、安心して治療に集中ができます。

治療プログラム

治療開始前に現在の状態と治療後の状態をシミュレーションし、治療プログラムを立てます。
ステージは、2週間ごとに次のステージへ移り、シミュレーションした歯並びに近づけるように新しいマウスピースに交換していきます。

下記は、マウスピース(インビザライン)矯正のシミュレーション動画になります。


デジタル機器を用いた矯正治療

当クリニックでは2019年末よりiTero element(アイテロエレメント)を導入しました。iTero element(アイテロエレメント)を導入した事により2020年からより本格的にデジタル機器を用いた矯正治療を行う事が可能となりました。

iTero(アイテロ)とは口腔内を3Dスキャニングする機器で、従来の粘土のような素材で歯型取りを行う事なく口の中の情報をより正確に3次元データとして読み取る事が出来ます。

iTero element(アイテロエレメント)の特徴としては口腔内をスキャンしたデータから簡易的ではありますが治療のシミュレーションを来院当日に提示する事が出来ます。


矯正カウンセリング時

当クリニックでは有料カウンセリング(2200円「税込」)時にiTero element(アイテロエレメント)を用いた矯正治療の簡易的なシミュレーションを作成する事が出来ます。

これらのシミュレーションはE mailで転送する事が出来ますので、カウンセリング当日にご一緒出来なかったご家族やご友人と後で矯正治療の簡易的なシミュレーションを確認する事が可能です。

iTero element(アイテロエレメント)を用いた有料カウンセリングは成人矯正治療をご希望の方、あるいは12歳臼歯が萌出し永久歯列が完成した方に限ります。


マウスピース(インビザライン)矯正治療をご希望の方

マウスピース(インビザライン)矯正治療をご希望の方はiTero element(アイテロエレメント)で採得した口腔内データからクリンチェックという治療の処方箋を作製します。

クリンチェックはアライン社のエンジニアと矯正歯科医がweb上で協力しながら精密な治療シミュレーションモデルを作製し、そこから歯を移動させるアライナー(マウスピース)を作成していきます。


ワイヤー矯正治療をご希望の方

iTero element(アイテロエレメント)で採得したデータをMaestro3D Dental Studioというソフトに展開し、そこから矯正歯科医が精密な治療シミュレーションモデルを作製します。

精密な治療シミュレーションモデルは最新の3Dプリンターでプリントアウトし歯を移動するためのブラケットの精密な位置決めの参考にします。


治療後の僅かな後戻りの修正をしたい方、ほんの少しだけ歯を移動させたい方

iTero element(アイテロエレメント)で採得したデータをMaestro3D Dental Studioというソフトに展開し、そこから矯正歯科医が精密な治療のシミュレーションを作製します。

歯の移動ステージごとの模型を3Dプリンターで出力します。

出力した3Dモデルから歯を移動させるアライナー(マウスピース)を作製します。

当クリニックではJUNALIGN(ジュンライン)と呼んでいます。

造形物を0.05ミリの精度で出力できる3Dプリンターを使用する事で、歯並びを治すマウスピース装置がより正確に作製出来るようになりました。

これらのマウスピース材料は我が国の薬事法で承認された物を使用しておりますので、安心・安全なアライナー矯正をご提供する事が出来ます。

※JUNALIGN(ジュンライン)で出来る歯の移動はごく限られたものになります。あくまでも当クリニックで動的矯正治療をされた患者様の後戻りを修正する目的で行っております。新規の患者様に対してはJUNALIGN(ジュンライン)での治療は行っておりません。

歯の移動が多く必要な方はマウスピース(インビザライン)矯正やワイヤー矯正で治療を行います。

iTero element(アイテロエレメント)を導入する事で矯正カウンセリングからマウスピース矯正、ワイヤー矯正にいたる全てにデジタルの恩恵を受け、より精密な矯正治療を患者様にご提供出来るようになりました。