フルリンガルブラケット矯正装置(セルフライゲーションリンガル)→マウスピース型矯正装置(インビザライン)20代男性H様矯正症例

20代男性H様「上の前歯が出ているのを治したい方」のフルリンガルブラケット矯正装置(セルフライゲーションリンガル)→マウスピース型矯正装置(インビザライン)矯正症例

 

①主訴:上の前歯が出ていることと下の前歯の隙間が気になる

②診断名:上顎前突

③年齢:21歳7ヶ月(矯正精密検査時)

④矯正装置:マルチブラケット装置  → マウスピース型矯正装置(インビザライン)※

⑤抜歯部位:小臼歯2本(上顎両顎第一小臼歯)

⑥動的治療期間:約 2年 7ヶ月

⑦治療費:

初診料 5,000円 矯正精密検査料 20,000円 矯正診断料 20,000円

フルリンガル施術料(インビラインチェンジ費用込み) 700,000円 矯正治療処置料 5,000円×来院月数  (全て税別)

⑧リスク・副作用

:歯痛 ブラッシング不足によるう蝕 口内炎と潰瘍 発音障害 歯肉退縮 歯根吸収 後戻り

※マウスピース型矯正装置(インビザライン)

完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

 

初診時の口腔内写真です。

 

上下顎MBS装置完了時口腔内写真です。

上下顎に装置をつけ、レベリング(デコボコの改善)完了し上顎両顎第一小臼歯抜歯後、スペースの閉鎖を行います。

スペースクロージングステージです。

ワイヤー用い、ご自身でかけていただくゴム(顎間ゴム)と併用して遠心(後方)移動を行います。

 

マルチブラケット矯正でここまで(下写真)治療が進んだのですが、

 

 

 

H様は口内炎ができやすいため、マルチブラケット矯正治療からマウスピース型矯正装置(インビザライン)に変更することになり、現段階で装着している装置を除去し、インビザラインチェンジ精密検査を行いました。

 

マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは、プラスチック製の透明なマウスピースを歯の動きのステージに合わせ交換し、歯並びを整えていく治療方法です。

インビザラインチェンジ精密検査時にiTero element(アイテロエレメント)で採得した口腔内データからクリンチェックという治療の処方箋を作製します。

クリンチェックはアライン社のエンジニアと矯正を担当する歯科医がweb上で協力しながら精密な治療シミュレーションモデルを作製し、そこから歯を移動させるアライナー(マウスピース)を作成していきます。

 

 

H様は治療目標達成は全Stage 39であり、Stage3でアタッチメントを装着を行い、歯を徐々に移動させて整えていきます。

 

 

アタッチメントとは通常の「詰める虫歯治療」の素材を直接歯の表面に接着させ、歯の3次元的移動の補助を行うもので、1週間毎にインビザライン装置をH様ご自身で新しい装置に交換していただきます。

 

現在、Stage 32の個々の歯の詳細な配列を行うディテーリングステージです。動的(歯を動かす治療)治療までもう少しです。

 

 

治療の目標達成のStage39 まで進み、ご本人も現在の歯並びにご納得頂きましたので、アタッチメント除去を行い、動的(歯を動かす治療)治療を終了としました。

 

 

現在、自分で取り外しが出来るマウスピース型の保定装置を使用して頂いております。

ブラケットを外した直後が後戻りといい元の位置に歯が戻りやすい状態ですので、頑張って保定装置を使用してください。

 

矯正治療に起こりうる一般的なリスクと副作用についてはこちら
費用の一覧についてはこちら